観葉植物って・・?

こんにちは。

観葉植物っていう言葉を聞いてみなさんはすぐに名前が出てきますか?

お花の名前はたくさん知っていらっしゃる方でも観葉植物というとなかなか分からなかったり。

画像の植物は “パキラ” という観葉植物です。

“ポトス”“幸福の木” などと並んで最もポピュラーだとされる

観葉植物の仲間です。

そもそも観葉植物って・・?

一体どんな植物なんでしょうか?

“観葉植物” とは読んで字の如し、 “葉”“観る” 植物。

花が美しいとかは求められておらず、

“観賞に耐えうる美しい葉姿”

“室内での観賞に耐えられる強靭さ” を求められる

植物なわけです。

よく「観葉植物を外に出してもいいんですか?」と尋ねられます。ある意味で正しくもあり、間違っている質問です。

そもそも、観葉植物といわれている植物でも原産地では普通に外に生えています。

なので、外でお日様に当たるという事はとても重要な意味を持つ行為です。

しかし、観葉植物として流通している植物の多くは、熱帯地方に故郷を持つものが多々あり

日本の環境とは大きくかけ離れています。

温度、湿度、日照の強さや時間に至るまでまるで違う環境の中でおっ放り出されるのは非常に危険です。なので、外に出すという行為自体は間違っていないのですが、

季節などを考慮したうえで判断していただくというのが最も安心だと言えるでしょう。

観葉植物を上手に育てたい、管理できるようになりたいと方はまずその植物に興味を持ってください。

小難しい本を読んで、管理方法を丸暗記する必要などは全くないのです。

彼ら観葉植物の故郷を知り、どのような環境で生きていたのか

またどのような環境で育てられていたのか、興味を持って知ってもらうだけで

いつの間にかその植物を上手に管理できるようになっていると思います。

 

ここでは、そんなお話をしていこうと思っています。